Home » 未分類 » いつも意地悪をする男子

いつも意地悪をする男子

中学の俺得修学旅行の事です。京都、奈良への修学旅行でした。班決めの時、男子3人女子3人の6人グループを作る事になりました。男子と女子それぞれ仲の良い友達で3人のグループを作り、その後話し合いをして、グループのリーダーが組みたい男子や女子を選びます。もちろんクラスに好きな男子がいて、そのグループと一緒の班になりたかったけど、私はいつも好きな男子に髪型をバカにされたり意地悪をされていたので、絶対に私がいるグループを選んでくれるはずがないと諦めていました。「キモい。」などと言われたりもしていたので嫌われていると思っていました。好きな男子がいるグループが一番最初に女子を指名する事になりました。すると、好きな男子が顔も耳も真っ赤にして私のグループを指名してきました。まさかの出来事に内心うれしくて仕方ありませんでした。修学旅行に行くと、度々男子と女子のペアで行動することがありました。友達が私の気持ちを知り、好きな男子とペアになる事がありました。以外にも好きな男子は嫌だという事なくすんなりペアを組んでくれました。自由行動や食事も好きな男子とずっと一緒に過ごせて私は本当に楽しい俺得修学旅行になりました。修学旅行が終わってからはまた意地悪をされる日々に戻ってしまいましたが、意外と嫌われていないのかなと思いました。実はこういう意地悪なちょっかいを出す男子というのは実はその相手の事を気になっているからこそちょっかいを出したい衝動に駆られてしまうのです。そして素直になれないのです。女子は一方で好かれているとは裏腹に嫌われているんだなと思って返って忘れて他の人を好きなろうとしたりするので恋というのは非常に残酷なものだなとつくづく思ってしまいます。