高校の俺得修学旅行

高校生の時、俺得修学旅行で京都と奈良に行きました。私たち4人グループはお笑い芸人が大好きな事もあり、自由行動の時間に、先生には内緒で大阪に行く計画を立てました。乗る電車や行くまでの道、すべてを調べて万全の態勢で修学旅行に行きました。3日目、いよいよ自由行動の時間です。時間通りに事前に調べていた電車に乗り込み、ワクワクしながら大阪に向かいました。電車に乗ってしばらくすると、グループ内の1人が、みるみる顔が青くなり、具合が悪そうでした。「大丈夫?」と聞いても何も答えず、とても大丈夫そうには見えませんでした。そのうちに吐いてしまいました。私たちは焦ってしまって、自分たちではどうする事も出来ず、車掌さんに相談すると、車掌さんはすぐに学校の先生に電話してくれて、私たちは次の駅で降りて、先生に迎えに来てもらいました。具合が悪くなった子は病院へ、私たちはホテルに戻されました。私たちは先生にこっ酷く叱られ、バツとして次の日の自由行動がなしになり、他のみんなが自由行動している間、ホテルにこもって勉強をする事になってしまいました。あいつさえ具合が悪くならなければと、恨みました。本当に最悪の修学旅行になりました。一生忘れられません。

最近読んだコミック

ここ最近、スマートフォンでコミックを読むのにハマっています。その中で特に熱いなと思ったのが森島コン氏の作品です。さすがにこのコミックは内容がエッチな所があるので、満員電車の中では読む度胸はないのですが、座って読む時であればいわゆる大人コミックは構わず読みます。さて肝心のタイトルなのですが、女の体でイキすぎてヤバイっ!です。気になるストーリーなのですが、ある学校では修学旅行が行われていました。そしてその旅館の温泉で間違って主人公は女湯に入ってしまうのです。女湯には、女子力アップの湯というのがあって、てっきり男湯だと思って入ってしまったら何故か溺れてしまうのです。そして意識を失い、お湯の近くで倒れていた所を親友に発見されます。しかし、気付いて自分の身体を見てみると何と女になっているではないかっ!顔つきも女の子のようになり、そしてオッパイは巨乳にまで発達し、アソコには棒が消えている始末。慌てるも何も変わらず親友と慌てていると、そこから女の子達の声が!そう、ここは女湯なので居たらまずいのは男性2人。正確に言うと、主人公は女の子に変身したので実質は親友のみ変態扱いになる(笑)何とか露天風呂の岩陰に隠れてやり過ごそうとしていると、主人公の女の身体にムラムラしてきた親友はオッパイを背後から揉み始めます。注意しても興奮を収まらず、むしろ揉まれている方も次第に気持ち良くなってきてしまいます。女の子ってこんなに感じやすいのかと実感していると今度は何とアソコに手が…そして指が中に入ってきます!思わず声を出しそうになりましたが見つかってしまったら大変なので声を押し殺しながら喘ぐのを必死で抑えます。結局、親友は自分のオチンチンを挿入してきます。そして気持ちよすぎて主人公は何度もイキまくりっ!女性の身体ってすごいなと関心しますが、一体この体はいつになったら元の男性の身体に元通りになるのか?きっかけはこの温泉だと思うので、しばらく時間が経過すれば大丈夫だと思うけど…周りの友達や先生にバレずにやり過ごせる事はできるのだろうか。そして親友のいたずらに耐える事はできるのか。乞うご期待の作品です。是非とも読んでほしいです。