いつも意地悪をする男子

中学の俺得修学旅行の事です。京都、奈良への修学旅行でした。班決めの時、男子3人女子3人の6人グループを作る事になりました。男子と女子それぞれ仲の良い友達で3人のグループを作り、その後話し合いをして、グループのリーダーが組みたい男子や女子を選びます。もちろんクラスに好きな男子がいて、そのグループと一緒の班になりたかったけど、私はいつも好きな男子に髪型をバカにされたり意地悪をされていたので、絶対に私がいるグループを選んでくれるはずがないと諦めていました。「キモい。」などと言われたりもしていたので嫌われていると思っていました。好きな男子がいるグループが一番最初に女子を指名する事になりました。すると、好きな男子が顔も耳も真っ赤にして私のグループを指名してきました。まさかの出来事に内心うれしくて仕方ありませんでした。修学旅行に行くと、度々男子と女子のペアで行動することがありました。友達が私の気持ちを知り、好きな男子とペアになる事がありました。以外にも好きな男子は嫌だという事なくすんなりペアを組んでくれました。自由行動や食事も好きな男子とずっと一緒に過ごせて私は本当に楽しい俺得修学旅行になりました。修学旅行が終わってからはまた意地悪をされる日々に戻ってしまいましたが、意外と嫌われていないのかなと思いました。実はこういう意地悪なちょっかいを出す男子というのは実はその相手の事を気になっているからこそちょっかいを出したい衝動に駆られてしまうのです。そして素直になれないのです。女子は一方で好かれているとは裏腹に嫌われているんだなと思って返って忘れて他の人を好きなろうとしたりするので恋というのは非常に残酷なものだなとつくづく思ってしまいます。

楽しみにしてたから

突然ではあるのですが、今、自分にとっての激アツなコミックが誕生したので紹介させてもらいたいと思います。電子コミック はだかんぼ運動会という作品なのですが。これがまた面白いのなんのってとにかくハマりました!

舞台はもちろん作品名にもあるように運動会が舞台なのですが普通の運動会とは違うのです。詳しく書きたいと思います。
小学生なって初めての運動会。息子も私達も楽しみにしてました。
学校の行事で、全校遠足で公園に行って遊びました。アスレチックで転んでしまったそうです。普通に帰ってきましたが、夕方になると肩が痛いと言い病院に行くと骨折してました。
病院の先生からは、もちろん運動はダメ、本を持ってもダメ。絶対固定してないとダメと言われ、運動会は絶望的でした。
学校の先生も、学校の行事の怪我だからか、運動家のプログラムの色塗りや、絵を書かせてもらい、本人も満足してました。
運動会まであと3日になった頃、やっとコルセットが取れリハビリが始まりました。
運動会でただ応援だけならかわいそうと思い、病院の先生は運動はダメと言われてましたが、かけっこ以外はやらせようと夫婦で決めました。
運動会当日、踊りはほとんど見ていただけだからできないんだろうと思ったら、練習の時しっかり見ていた様なので、ちゃんと踊れていてビックリしました。でも、腕は吊っていたので、目立っていましたしたがしれ以上に息子がノリノリで楽しそうにしていたので、参加させてよかったと思いました。
そして、玉入れは1人離れて先生とマンツーマンで届かないカゴに頑張って投げていました。いつも、何かをするときは先生が必ず付いてたらくださって、申し訳ないような気がしましたが、先生たちの心遣いに感謝しました。

高校の俺得修学旅行

高校生の時、俺得修学旅行で京都と奈良に行きました。私たち4人グループはお笑い芸人が大好きな事もあり、自由行動の時間に、先生には内緒で大阪に行く計画を立てました。乗る電車や行くまでの道、すべてを調べて万全の態勢で修学旅行に行きました。3日目、いよいよ自由行動の時間です。時間通りに事前に調べていた電車に乗り込み、ワクワクしながら大阪に向かいました。電車に乗ってしばらくすると、グループ内の1人が、みるみる顔が青くなり、具合が悪そうでした。「大丈夫?」と聞いても何も答えず、とても大丈夫そうには見えませんでした。そのうちに吐いてしまいました。私たちは焦ってしまって、自分たちではどうする事も出来ず、車掌さんに相談すると、車掌さんはすぐに学校の先生に電話してくれて、私たちは次の駅で降りて、先生に迎えに来てもらいました。具合が悪くなった子は病院へ、私たちはホテルに戻されました。私たちは先生にこっ酷く叱られ、バツとして次の日の自由行動がなしになり、他のみんなが自由行動している間、ホテルにこもって勉強をする事になってしまいました。あいつさえ具合が悪くならなければと、恨みました。本当に最悪の修学旅行になりました。一生忘れられません。

レンタルコミックの利用

最近はやりのレンタルコミックですが、レンタルコミックのメリット・デメリットとはなんでしょうか。まずメリットについてですが、夜でも本を読めるというところです。夜に本を読めるところは多数ありますがレンタルコミックの場合家でゆっくりと読めるというところです。ネットカフェなどに行って読むことも可能ですが、時間制でお金も結構かかってしまうところがあります。その点、レンタルは自分の読みたい本をゆっくり選べ家で自分の好きな時間に読めるというのが注目を浴びている点です。夜でもというのは本屋では閉まっているところもあります。しかし、レンタルできるところは案外長く営業しているところがありますので、少し時間の空いたところを埋めるには最適です。
次にデメリットです。デメリットは3つあります。

1つ目に金額面です。一気に多くの本をレンタルすると安くなりますが、それでも古本で買うのとあまり変わらなかったりします。その時だけでいいという方は問題ありません。

2つ目に見たい巻がないということです。レンタルで一気に読破したいと思っていても一巻抜けてしまえば読むことができません。その巻だけ飛ばすという方法もありますが、それなら違う本を読むか諦めるかと考えてしまいます。これもその人の価値観で解消できます。

3つ目に返す手間です。レンタルしてきたのはいいけど期日が迫ってしまったという経験があると思います。万が一期限が過ぎてしまうと延滞料も取られてしまいます。これも家が近ければそんなに問題はありません。このようにデメリットはその人の考え方で補うこともできますが、全て影響する人も出てきます。そういった面では本は手元にほしいという方や、全部読みたいと思う方にはレンタルコミックは不向きな方かもしれません。

最近読んだコミック

ここ最近、スマートフォンでコミックを読むのにハマっています。その中で特に熱いなと思ったのが森島コン氏の作品です。さすがにこのコミックは内容がエッチな所があるので、満員電車の中では読む度胸はないのですが、座って読む時であればいわゆる大人コミックは構わず読みます。さて肝心のタイトルなのですが、女の体でイキすぎてヤバイっ!です。気になるストーリーなのですが、ある学校では修学旅行が行われていました。そしてその旅館の温泉で間違って主人公は女湯に入ってしまうのです。女湯には、女子力アップの湯というのがあって、てっきり男湯だと思って入ってしまったら何故か溺れてしまうのです。そして意識を失い、お湯の近くで倒れていた所を親友に発見されます。しかし、気付いて自分の身体を見てみると何と女になっているではないかっ!顔つきも女の子のようになり、そしてオッパイは巨乳にまで発達し、アソコには棒が消えている始末。慌てるも何も変わらず親友と慌てていると、そこから女の子達の声が!そう、ここは女湯なので居たらまずいのは男性2人。正確に言うと、主人公は女の子に変身したので実質は親友のみ変態扱いになる(笑)何とか露天風呂の岩陰に隠れてやり過ごそうとしていると、主人公の女の身体にムラムラしてきた親友はオッパイを背後から揉み始めます。注意しても興奮を収まらず、むしろ揉まれている方も次第に気持ち良くなってきてしまいます。女の子ってこんなに感じやすいのかと実感していると今度は何とアソコに手が…そして指が中に入ってきます!思わず声を出しそうになりましたが見つかってしまったら大変なので声を押し殺しながら喘ぐのを必死で抑えます。結局、親友は自分のオチンチンを挿入してきます。そして気持ちよすぎて主人公は何度もイキまくりっ!女性の身体ってすごいなと関心しますが、一体この体はいつになったら元の男性の身体に元通りになるのか?きっかけはこの温泉だと思うので、しばらく時間が経過すれば大丈夫だと思うけど…周りの友達や先生にバレずにやり過ごせる事はできるのだろうか。そして親友のいたずらに耐える事はできるのか。乞うご期待の作品です。是非とも読んでほしいです。